Menu

電気配線工事・電気トラブル緊急工事

Home
  • 業務内容

電気配線工事

弊社では各種電気配線工事を請け負っております。
コンセントの増設・ブレーカー増設・アンペア変更をはじめとして、水廻りの電気配線工事や高所の電球交換まで、幅広くご対応しております。

第1種電気工事士が、丁寧な施工ならびに誠意あるお客様対応を心がけております。
電気設備に関して何かお困りのことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電気工事例

コンセントやスイッチの増設

コンセントやスイッチの増設

コンセントや消費電力が多い家電用の専用コンセント増設を行います。

●例えば次のようなご相談を承っております。
・エアコンを購入したがコンセントがない。
・掃除が必要な場所にコンセントがない。
・キッチンの消費電力が多すぎてブレーカーが落ちる。
・外に防水コンセントがほしい。

ブレーカー増設・アンペア変更の工事

ブレーカー増設・アンペア変更の工事

ブレーカー(専用回路)、電気の容量を増やす(アンペア変更)工事を行います。

●例えば次のようなご相談を承っております。
・家族がみんな揃うと、ブレーカーが落ちる。
・洗濯機や乾燥機、ドライヤー、電子レンジを使っているとブレーカーが落ちる。

浴室やトイレなどの水廻りの電気配線工事

浴室やトイレなどの水廻りの電気配線工事

漏電検査、配線工事等、幅広く対応させていただきます。
水廻りの電気工事もお気軽にご相談ください。

●例えば次のようなご相談を承っております。
・トイレにウォシュレット用のコンセントをつけたい。
・浴室の壁にテレビをつけたい。
・浴室暖房を設置したい。
・浴室やトイレの換気扇修理や工事をお願いしたい。

照明・シーリング・ダウンライト取り付け

照明・シーリング・ダウンライト取り付け

古い照明の取り外し、照明の取り付け、作業後の動作確認という流れで作業を行います。

●例えば次のようなご相談を承っております。
・LEDの引掛けシーリング照明を導入したい。
・リモコンスイッチにしたい。
・壁スイッチを取り付けたい。
・ダウンライトで天井をフラットにしたい。
・屋外が暗いので外灯を設置したい。

インターホン・ドアホンの取り付け

インターホン・ドアホンの取り付け

インターホン・ドアホンの取り外し、設置とセットアップ、作業後の動作確認・簡易清掃という流れで作業を行います。
「電気工事士」の資格が必要となる場合がございます。

●例えば次のようなご相談を承っております。
・電源直結式インターホンである。
・熱感知器やガス警報器などと連動している。
・チャイムと交換したい。
・玄関子機からの呼び出しに電話で応対している。

センサーライト取り付け

センサーライト取り付け

センサーライトの取り付けから動作確認までを行います。
近くに電源コンセントがない場合、配線工事や、電源工事が必要になります。
電源工事は有資格者でなければできないため、適切な防雨処理を含め、弊社にお任せください。

給湯器交換(電気)

給湯器交換(電気)

作業内容を事前にご説明し、交換工事を行います。
リモコンの設置、取り外した給湯器の回収、作業後の動作確認をして、簡易清掃までが一連の流れとなります。

IHクッキングヒーターの交換・取り付け

IHクッキングヒーターの交換・取り付け

IHクッキングヒーターの取付工事には、ブレーカーの工事が必要になる場合がほとんどです。

メインブレーカーの容量が小さい場合、容量アップの工事が必要になることがあります。

弊社にお気軽にご相談ください。

高所の電球交換

高所の電球交換

自力で高所の電球交換を行うことは危険を伴います。
器具によっては取り外しに時間のかかる電球もあります。

いろいろな道具を購入したり、悩んで取り外したり装着をするよりも専門の業者に依頼することをおすすめします。

弊社にお気軽にご相談ください。

漏電のトラブル

漏電のお悩み

弊社では電気トラブルの緊急工事に対応しております。
突然の停電や漏電でお困りのお客様は、弊社にご相談ください。
急なトラブルにもいち早く駆けつけ、専用の機械にて調査・是正措置を行い、不安を解消いたします。

第1種電気工事士が、丁寧な施工ならびに誠意と情熱あるお客様対応を心がけております。
電気設備に関してお困りのことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

停電や漏電の主な故障の症状と原因について

1. 突然コンセントから火花が出ました

トラッキング現象が考えられます。

トラッキング現象とは長期間プラグをコンセントに差し込んでいることで、その間に埃が溜まり、この埃が湿気を呼ぶことによって火花放電が起こります。
放っておくことで発火し火災の原因にもなりますので、冷蔵庫やテレビ、洗濯機など長期間プラグをコンセントに差し込んだまま使用を続けている電化製品は、こまめに清掃を心がけてください。

またコンセントへの差し込みが浅い場合にも、火花が出ることがありますのでご注意ください。

2. 突然電気が消えてつきません

もしブレーカーが落ちずに突然電気が切れたという場合は、例えば電線工事や電気工事などで瞬間的に通電を停止した可能性が高いです。
お家の中で問題が発生したという可能性は極めて低いと考えられます。

3. 使えないコンセントがあります

故障が考えられます。

もし使えないコンセントがある場合、まずは故障を疑ってみてください。
コンセントと接続部の不良、ジョイント部の不良、またネズミが壁の向こうで配線を食いちぎっているということもあります。
もしこのような症状がある場合は、お早めにご相談ください。

4. 電気がビリっときたんですが感電でしょうか

感電している状態です。

もし漏電している電気器具に人体が接触すると、電気は本来の道筋ではなく、より電気を通しやすい人体に流れてきます。
これが感電の正体です。
電流が弱いときはビリっと軽いショックを受けるだけで済みますが、万一強い電気が流れた場合、命の危険性もあります。

漏電している電気器具には絶対さわらず、即座にお近くの電気屋さんに相談してください。
また洗濯機や冷蔵庫、衣類乾燥機など水気や湿気の多いところで使用する電化製品には万が一、漏電した場合にも人体に電気が流れるのを防ぐため、アースを取り付けるようにしてください。

5. ブレーカーが落ちたんですが、どうやって復旧させたらいいでしょうか

配電盤の説明

1)まずメインブレーカー、漏電遮断器、各回路のブレーカー(キッチン、2階、エアコン等)のレバーを下に下ろし、全てを停止させてください。
※濡れた手では絶対触らないでください。

2)次にメインブレーカー、漏電遮断器の順でスイッチを入れてください。
3)次に各回路のブレーカーのスイッチを入れていきます。
※もし各回路の特定のスイッチをいれた際に即座に電気が切れるようであれば、その回路が問題を抱えています。
正常に稼働するブレーカーはそのままお使いいただけます。


万が一特定の回路に異常があったり、電気が復旧しない場合はブレーカーの故障や他の原因が考えられますのでご相談ください。

株式会社小松電設会社情報
株式会社小松電設会社情報