法人店舗向け

業務用エアコン・換気扇air conditioner and ventilation fan

業務用エアコン

弊社では、業務用エアコン販売はもちろん、取り付け工事も承っております。

また、日頃より、新品・中古業務用エアコンの販売をいたしております。

業務用エアコンのことでお悩みでしたら、お気軽に株式会社小松電設へお問い合わせください。

業務用エアコンの主な種類

天井カセット形

天井カセット形

天井に埋め込むタイプの業務用エアコンです。

主に4方向の吹き出し口をもち、全体を万遍なく冷やすことができます。

その他、1方向・2方向のものがあります。

●ご利用例

・事務所

・理美容室

天井吊り形

天井吊り形

天井から吊り下げるタイプの業務用エアコンです。

風量が強く、遠くまで風が飛びます。

天井内の高さ(懐)がないところでも設置が可能です。

その他、4方向のものがあります。

●ご利用例

・工場

・倉庫

・飲食店

・商店

床置き形

床置き形

文字通り、床上に設置をするタイプの業務用エアコンです。

天井カセット形や天井吊り形に比べ、設置が容易です。

風量が強く、よく冷えますが、床に置くため設置スペースが必要となります。

●ご利用例

・工場

・倉庫

・飲食店

・商店

壁掛け形

壁掛け形

家庭用ルームエアコンと同じ形をしていますが、れっきとした業務用エアコンです。

家庭用ルームエアコンよりも風量は強く、設置も容易なため、好まれる機種です。

●ご利用例

・事務所

・飲食店

・商店

馬力目安(容量目安)

適用面積目安表(㎡)

※横にスクロールするとすべての項目をご覧いただけます

能力(馬力) 喫茶 / 理美容院 飲食店 商店 事務所
4.0kw(1.5馬力) ~14 ~11 ~17 ~24
4.5kw(1.5馬力) ~16 ~12 ~20 ~26
5.0kw(2馬力) ~17 ~14 ~22 ~29
5.6kw(2.3馬力) ~19 ~15 ~24 ~33
6.3kw(2.5馬力) ~22 ~17 ~27 ~37
8.0kw(3馬力) ~28 ~22 ~35 ~47
11.2kw(4馬力) ~39 ~30 ~49 ~66
14.0kw(5馬力) ~48 ~38 ~61 ~82
16.0kw(6馬力) ~55 ~43 ~70 ~94
22.4kw(8馬力) ~77 ~61 ~97 ~132
28.0kw(10馬力) ~97 ~76 ~122 ~165
33.5kw(12馬力) ~116 ~91 ~146 ~197

既存エアコンの有無 既存配管の流用

現在、設置されている業務用エアコンとの入れ替え工事をご希望の場合、既存のエアコンの種類によっては配管の流用が可能です。

※同じ形状の業務用エアコンを設置する場合は、配管径が同じ場合に限ります。

必ずしも、既存配管の流用ができるものではありません。

電源

業務用エアコンの場合、電源は主に3相200Vと単相200Vの2種類があります。

3相200V(動力)と単相200Vではブレーカー及び、電気の使用契約が異なります。

3相200Vのエアコンを設置する場合、3相200V(動力)契約が必要となります。

室外機の設置場所

ビルの屋上や高所へ室外機の設置が必要な場合は、レッカー(クレーン)作業が必要となる場合があります。

また、室外機はかなりの重量物のため、設置箇所によっては難所作業となる場合があります。

換気扇

厨房、店内の煙や熱の給排気でお困りではありませんか?

対応力・スピード・料金に自信あり!皆様のお悩みを株式会社小松電設が解決いたします。

こんなお悩みありませんか?

  • 厨房のフードを増設したい
  • フードの煙や湯気の吸込みが悪い
  • ダクトからの雨を何とかしたい
  • 換気扇の騒音が気になる

そんなお悩みを解決いたします。まずはお電話ください。

TEL:093-555-8099

厨房でよくあるお悩みと主な原因

厨房でよくあるお悩みと主な原因

●例えば次のようなご相談を承っております。

・厨房機器の熱量計算がされてない

・排気は問題ないが、給気がない

・換気扇の種類を間違えている

・有圧の換気扇よりシロッコファンの方がいい場合もあり

・有圧扇では押し出せない

・風の流れ、取り付け位置の問題

換気扇の主な故障の症状と原因について

  • CASE1. ファンに原因がある場合

    コスト削減や優先順位を低くして、小さいファンにしてしまう傾向が強い換気工事。

    しかし、きちんとした排気量とダクト配管の太さがなければ正常には吸ってくれません。現地にお伺いして、必要な換気量と実際のファンの風量を比較し計算します。

    また、シロッコファンのファンベルトが緩んでいたり、ファン自体が寿命などで故障したりしている場合は、修理やオーバーホール、ファンの交換が必要となってきます。

  • CASE2. 給気に原因がある場合

    排気の方の原因ではなく、給気側に原因があるケース。意外とこの原因が多いのです。

    特に都心の建物などでは、給気口が取れないケースが多く、それが原因で排気が機能しないという状況があります。

    その場合、内装のデザインと絡むケースもありますのでオーナー様と充分な話合いをし、どこにどのようにして給気口を設けていくかを相談させていただきます。

サービスの流れ